医療法人社団白水会
お口の健康インプラント治療訪問診療各医院案内医院活動白水会案内

お口の健康
お口と全身の関係
近年、お口の中にしか存在しない細菌が、全身の病気に影響を及ぼす事が次第に解明されてきました。 歯周病菌が、肺や血液を通し全身に運ばれ、様々な病気を引き起こすことが知られてきました。

誤嚥性肺炎

主に高齢者に多い肺炎です。食べ物や飲み物・唾液が誤って肺に入って、それらに含む口の中の細菌が炎症を起こす原因です。近年、解明されてきた病気です。
詳しくはこちらの誤嚥性肺炎をご覧下さい。

ページ先頭

感染性心内膜炎

心臓の心室、心房、弁を覆う薄い内膜が細菌をはじめとした病原体により炎症をおこす症状。 細菌による炎症がほとんどなので、細菌性心内膜炎とも言われています。歯周病細菌が血流によって引き起こす原因のひとつです。

ページ先頭

狭心症・冠状動脈疾患

血液中に歯周病細菌が入り込むと冠状動脈の血管内腔に壁に着き、狭窄や血栓を引き起こすリスクが高くなります。

ページ先頭

早産・低体重出産

母親が歯周病にかかってしまうと、歯周病菌が血液の中に入り込み、血液循環により羊水の中まで到達し胎児に影響を及ぼします。早産や低体重児出産するリスクが高くなります。

ページ先頭

糖尿病

糖尿病の人は歯周病になりやすいことは解明されてきましたが、歯周病の人が糖尿病にかかるリスクも高くなることが次第にわかってきました。

ページ先頭

Copyright © Hakusui-kai All Rights Reserved.